【うつ病対策室】 - うつ病の症状・治療方法など


うつ病に関する情報をご紹介

低年齢化するうつ病

ここ数年でうつ病の認知度は増え、以前は多かったうつ病に対する誤解もなくなり、治療体制や社会的な受け入れも増えてきました。
その反面、子供のうつ病患者が、年々増えているのです。
子供のうつ病は、不登校や引きこもり、摂食障害や行動障害などの影に隠れていることもあります。

ただ、精神的にもまだ未成熟なため、子供はうつ気分を上手く言葉に表すことが出来ないことが多く、身体の不調や特異な行動として現れ、重症化してから気付くことが多いとされています。

子供のうつの原因は、本人も覚えていないことが多いですが、大人と同様で体質や長期にわたるストレスが原因になることが多く、また、家庭環境に問題がある場合はうつが長期化してしまう傾向がありますが、家庭そのものが原因かどうかは不明です。最近は学校の交友関係によるうつ病も取り沙汰されています。
この問題で気をつけたいのは、親が「自分の育て方が悪かった」と自分を責めたり、その家庭の周囲がその家族を責めることもあり、追究するのが難しい問題でもあります。

もし、自分のお子さんの様子に違和感を感じる場合は、まず内科や小児科などを受診して、その結果身体に異常が無い場合は児童精神科へ相談してみてください。診察の結果、うつ病が発見される場合もあります。
また、まれに神経や脳の疾患など他の病気の病気もありますので素人診断ではなく、信頼できる病院などに必ず相談してください。相談できる機関は、各地域の保健所の、児童発育相談や精神相談の窓口でおこなうことも可能す。
子供のうつ病も、大人と同じく十分な休養が必要なのです。周わりは「頑張れ」など励ますのではなく、焦らずゆっくり治すことを考えましょう。


<<自宅でできる!うつ病克服方法の人気ランキング>>

1位 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・メディア掲載多数!数多くの出版もしている心理カウンセラー下園さんによる、実績十分の「うつから最短で抜け出す方法」。DVDプログラムなので、自宅でできるのも人気の秘訣♪
・心がスっーと軽くなったある方法とは?!まずは皆様の喜びの声をお聞き下さい!
・人気度:☆☆☆☆☆                          >> 詳細はコチラ

2位 うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル
・意外と知られていないうつ病による障害年金を受給する方法です。
・知っているだけで間違いなくプラスになりますので、本格的な療養生活を送ろうとされている方やうつ病患者のご家族の方は是非ご参考にして下さい。
・人気度:☆☆☆☆☆                          >> 詳細はコチラ

3位 うつ克服法!「笑顔がみたい」〜心と身体の秘密→メンタルトリニティー
・「病院に通ったが全く良くならない」「薬を飲むには抵抗がある」そのような方は、まずこのサイトをご覧下さい。薬などに頼らず、30日間でうつが改善する方法とは?!
・人気度:☆☆☆☆                           >> 詳細はコチラ

▲このページの上部へ