【うつ病対策室】 - うつ病の症状・治療方法など


うつ病に関する情報をご紹介

うつ病とは

日常生活を送るうえで、些細なトラブルで気分が落ち込み、憂鬱になることは誰もがありますよね。
普通は「憂鬱だ」、「悲しい」など一時的な気分の落ち込みは、時間経つにつれて原因が解決したり、忘れてしまうなどして回復します。

けれども、原因が解決しても気分が沈んだままで晴れず、強い憂鬱な気分がつづいてしまい、物事に色々と問題が発生してしまう場合や、なにも理由がないはずなのに、なぜが重く気分が沈んだままで一向に気が晴れない。
このような状態が長く続き日常生活や健康を害することを「うつ病」といいます。
今では広く知られるようになった「うつ病」ですが、ひと昔前は十分な研究も理解も無く、「怠け病」などと呼ばれる時代もありました。
けれどもそれは間違った見解であって、うつ病はその人の性格であると片付けてしまったり、気の持ちようや心が弱いからなるものではありません。うつ病は脳内の神経伝達の異常が原因となる「病気」で、適切な診療をうける必要があるのです。

ストレスの多い現代社会では、うつ病を患う人の数は年々増加し、日本人の15人に1人の割合で一生に一度はかかるとさえ言われています。
けれども、まだうつ病は「病気」であり、治療を必要とするという考えはあまり浸透しておらず、メンタルクリニックや心療内科などの医療機関を訪れる方の数は絶対的に少ないというのが現状です。

また、うつ病の度合いというのは人により様々で、あまり生活に支障をきたさない軽いものから、自ら命を絶つことを考えるほど重症化してしまうこともあります。
うつ病はきちんと医師の診断を受けて、適切な治療を受けること。再発を防いでうつ病を完治させることが回復への道なのです。



<<スポンサードリンク>>
旅行会社の「土日休み」の求人
土日休みの方がうつ病は少ない!?HISなどの旅行会社の求人を見てみましょう!

▲このページの上部へ